祈りと願いを込めて無心で打つ手抜氣饂飩

t9.jpg

今までに社会の多くの矛盾に氣づき学ばせていただき、その中でもあらゆる食品に含まれている石油系化学合成物質の「添加物」により、健康問題と併せて今では精神的な面にも悪影響が出てきているようです。
これをごく身近な食品である「うどん」によって、持続可能な食の安心安全と健康回復を願って開発してきました。そして、打つ時もその祈りと願いを込めて無心で打っています。今は、食や商品にもそれを創る人の想い波動が転写されることも分かって来ましたので、この想いを込めて打っています。
どうぞ、今までの「うどん」と全く違った純手打ちならではの味覚や食感や、そして、食後の身体が歓ぶ温かさも感じてみて下さい。
さらには、もしかしたら身体の不具合改善や心の意識の変化、人間関係の問題解消などの奇跡現象や体験も楽しんでいただけるのではと想います。

合屋博之プロフィール

26769133_1.png

 「愛の手抜きうどん」は完全無添加の材料と、波動エネルギーやミネラル分の高い水や塩を使い、さらにはDNAをも修復されると言われる528HZの振動波を転写して、今までのうどんとは違った、食べる心と身体へのサプリメントとしての、一つの機能性食品としてご提供しています。讃岐でも博多でも稲庭でもない、また違った歯ごたえやのど越しの食感と合わせて、どうぞ心でも観じて味わってみて下さい。

「自己紹介」
・合屋博之 1951生まれ
・福岡県筑紫野市在住
・社会の矛盾よりたくさんの氣づきを得て人生の探求を始める。
・建築設備士、レイキヒーラー、基礎心理カウンセラー
・著書「すばらしい時代が見えてきた」(株)文芸社
・FMKITAKYUラジオ出演
・10月より趣味が転じた「手抜きうどん」の提供を始める。